速読の学校

この記事は2分で読めます

WS000049

速読の学校とは?

 

速読をどうやって習得したんですか?

って質問は、出来るようになると結構あります。

 

私は、オンラインで速読を学べる月額制のスクールで学びました(^^)

と答えるのですが、それが「速読の学校」です。

 

速読の学校に入る前は、本を何冊か読んでみたりしたのですが、

結局はトレーニングは続かないし身につかなかったです(^^;

 

できるようになってから見ると、

この本の通りにやれば多少は身につくよねって思えるのですが、

なかなかできない人も多いのではないかと思います。

 

トレーニングが続けられないし、

効果が目に見えないから…。

 

ただ、私は本気でマスターしたかったのでどうすればトレーニングを続けられるか?

どうすればマスターできるのか?ということを考えました。

 

その結果が、速読の学校のように毎月お金を払う仕組みでやる!

ということと、「教える側になる」という決意です。

 

速読の学校は初月無料になってますが、

私は当時あった講師になる人のためのコースで、

高額かつ初月から料金が発生する方を選びました。

 

毎月お金を払うなら、元を取るために必ずトレーニングするでしょ?( ̄∀ ̄)ニヤリ

教える側になるには、知識+実力 がないと恥ずかしいよね?( ̄◇ ̄;)

 

という感じで、自分を追い込んだわけです。

 

しかも、速読の学校は、

・1日単位でトレーニングカリキュラムが出来ている

・読書スピードを毎日測るので、変化が目に見える

・メールサポートがあるので、壁にぶつかっても相談できる

ということで、かなりトレーニングしやすいシステムでした(^^)

 

お陰さまで、お金を払って習っていた速読で、

お仕事を頂いてお金をもらえるようになったわけです( ̄∇+ ̄)vキラーン

 

なので、私は速読の学校では、

・自己投資の大切さ

・継続の大切さと、継続させるための方法

・アウトプット前提で学ぶことの凄さ

も教えてもらいました┏O)) アザ━━ス!

 

今は速読をマスターさせるだけでなく、

活かし方までしっかりと伝えていけるように日々活動中です(^^)

 

まずは自分のコミュニティで速読をマスターし、

それを活かして成功し活躍する人を輩出したいなと思ってます( ̄∀ ̄)ニヤリ

 

速読はそう遠くない未来にスタンダードになってくると思います。

速読が普通に。今の一般的な読み方が遅読と呼ばれるようになるかもしれません。

 

そうなった時に、教える側になっているとどうなるしょう?( ̄∀ ̄)ニヤリ

 

ということで、ビジネスのチャンスとしても魅力のある速読を、

しっかりとマスターしていくのに速読の学校は良いです( ̄^ ̄)ゞ

 

オンラインでPCがあればどこでも学びトレーニングできる仕組みは好き♪

 

一番は、講師の直接指導を受けることですが、

毎日トレーニングできる環境も大切です(^^)

 

本気でマスターしたい人は速読の学校、オススメです(^^)/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 俺のリムジン
  2. IMG_20140914_183342
  3. WS000078
  4. WS000149
  5. WS000077
  6. 写真
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ネットビジネス 速読 サラリーマン 育メン

2.jpg

 鈴木拓哉  公式メルマガ はコチラ(^^)/ 


    ~  プロフィール  ~  

■新日本速読研究会 認定講師
■集客アカデミー 講師
■速読の学校 放課後実践部 運営中

・父親のパチンコ癖で借金取りが来る高校時代。
・20歳でマイホームを買い、
 3LDKに一人暮らしする高卒工場勤務の20歳。
・プロポーズ⇒同棲⇒結婚⇒双子のパパ!な26歳。
・前代未聞の481連休を取得してしまった26歳。
・インターネットビジネスに挑み、初月に6万円。
・速読の講師となり、速読普及に努める26歳。

◆工場勤務で速読講師で賢業主夫な29歳。


にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへにほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへにほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへにほんブログ村 本ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る