速読とは? ~つよくてニューゲーム~

この記事は2分で読めます

WS000149

速読とは、最強の武器を持って、

レベル50でゲームをスタートするようなものである。

 
 
ブックオフで次から次へと本を読み散らかし、
漫画をまとめ買いしている男がいたら…
 
それがスズタクです。
 
 
さて、速読について色々と紹介したら、
改めて良さに気がついてしまいました。。。
 
 
速読が出来るってことは、
例えばドラクエを、
最強の武器を持ってレベル50でスタートするようなもの。
なんですよ!
 

強くてニューゲームなんです。

 
 
強くてニューゲーム状態で、
色んな副業にチャレンジする!
 
これ面白いでしょ?(^^)
 
 
速読は特に
ネットビジネスとかのインフォ業界
では相当な武器になります。
 
 
情報社会と言われてるので、
インフォ業界にかぎらず有効でしょうけど。
 
 
速読っていうのは、
あらゆる脳力、能力を高めてくれます。
脳みその超科学的トレーニングみたいなものです。
 
さらにスキルとして活かせば、
あらゆるジャンルで情報収集できるので
知識という武器が持てます、
 
 
つまり、
 

基礎的な能力が総合的に上がる。

⇒レベルが高い

 

速読というスキルで情報を得られる

⇒最強の武器を持っている

 

これでゲーム始めたら、
前半は楽勝ですよね?( ̄∇+ ̄)vキラーン
 
 
現代とこれからの世界って、
 
・情報社会
・変化のスピードが早い
・マルチタスクが求められる
 
と言えると思います。
 
先に言っちゃいますけど、
速読は上記にマッチしているわけです。
 
 
情報社会で、いろんな情報があふれていて、
変化のスピードが早いし、
専門職ほど機械化が進むので、
マルチタスクで管理できる万能人間が重要になってくる。
 
といった時に、速読を身に付けておいて
絶対に損はないと思うんです。
 
というか必修科目にするべきなんです。
 
 
『今はこのビジネスが良い』
 
といわれて始めたものの、
3ヶ月後にはそのビジネスが消えている。
 
 
 
『このノウハウがあれば月100万円は稼げます!』
 
と言われたノウハウが、1ヶ月で使えなくなる。
 
 
というのは珍しくありません。
 
 
なので、初心者が一気に稼げるようになっても、
あっという間に消えていってしまうんです。
 
長く稼ぎ続ける人は、
コツコツと実力を磨いて、
何があっても稼げますよ~
というレベルになっているんです。
 
 
目先のビジネスを追いかけるより、
実力を磨いていきませんか?
 
 
どんなビジネスでも、
どんなノウハウでも、
人並み以上の結果を出せる。
 
という状態になったら、
安心して心穏やかに過ごせるんです。
 
というわけで、
まずは1ヶ月無料で速読を体感して下さい。
 
速読の学校
(まずは3分無料トレーニングをお試し下さい)
 
 
速読で自分の価値、脳力を高めつつ、
ネットビジネス(アフィリエイト)を実戦し、
知識と経験を積んでいきましょう(^^)
 
 
 
1ヶ月無料で速読を体得しませんか?
無料期間に読書スピード2倍は普通です。

特典
・速読講師のマンツーマンサポート?!
『速読の学校 放課後実践部』へ招待!!
(24時間稼動のLINEコミュニティ)
・成長型メンバーサイトへ招待
・3ヶ月継続プロジェクト
…などなど

 
 
ぜひ( ̄∇+ ̄)bグッ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. WS000054
  2. WS000049
  3. WS000035
  4. WS000147
  5. WS000076
  6. WS000033
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ネットビジネス 速読 サラリーマン 育メン

2.jpg

 鈴木拓哉  公式メルマガ はコチラ(^^)/ 


    ~  プロフィール  ~  

■新日本速読研究会 認定講師
■集客アカデミー 講師
■速読の学校 放課後実践部 運営中

・父親のパチンコ癖で借金取りが来る高校時代。
・20歳でマイホームを買い、
 3LDKに一人暮らしする高卒工場勤務の20歳。
・プロポーズ⇒同棲⇒結婚⇒双子のパパ!な26歳。
・前代未聞の481連休を取得してしまった26歳。
・インターネットビジネスに挑み、初月に6万円。
・速読の講師となり、速読普及に努める26歳。

◆工場勤務で速読講師で賢業主夫な29歳。


にほんブログ村 本ブログ 速読・フォトリーディングへにほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへにほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへにほんブログ村 本ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る